メガネドラッグのある風景

東戸塚店

メガネドラッグの店舗スタッフが店周辺の風景をお伝えします

2013年2月 東戸塚店

東戸塚

東戸塚駅

【東戸塚駅】
 東戸塚駅は大正2年には武蔵駅として開業が決まっていましたが、大正12年に起きた関東大震災のため駅の計画は白紙に戻されてしまいました。 昭和40年代頃から再び新駅の必要性が叫ばれはじめ、昭和55年10月1日東戸塚駅が開業しました。
 東戸塚駅の1日平均乗車人員をみると、2001年度は50,197人、2011年度は57,520人で、JR各駅の乗車人員ランキングを見ても順位は年々上がってきています。

境木地蔵尊

【境木地蔵尊】
 旧東海道の武蔵国と相模国との国境にあたる境木に地蔵堂があります。 このお地蔵様には珍しい伝承があります。 鎌倉に漂着したお地蔵様が漁師の夢の中で「俺は江戸に行きたい、運んでくれたら海を守ろう」と言ったそうです。 ところが、漁師達が江戸へ運ぶ途中、この境木で動かなくなってしまい、漁師達から地蔵を託された村人達がお堂を建て安置したところ村が繁盛したそうです。

このページのトップへ戻る