メガネドラッグのある風景

自由が丘店

メガネドラッグの店舗スタッフが店周辺の風景をお伝えします

2010年2月 武蔵境店

武蔵境

【地名の由来】
 出雲松江藩の屋敷奉行の境本締馬太夫(さかいもとちまだゆう)が御用屋敷のあった場所を幕府より貰い受け、境新田開発に努めた事により「境」の地名が名付けられたという説や、千川上水と玉川上水が分かれる、その境ということから名付けられた説があるようです。
 武蔵境は、武蔵野の面影と緑が豊富に残る散策ルートが沢山ある街です。 お散歩がてら立ち寄ってみてはいかかですか?

境浄水場

【境浄水場】
 大正13年に完成した境浄水場は、東京都では数少ない緩速ろ過の浄水場です。
緩速ろ過法とは、ゆっくりとした速度で砂の間に水を通過させ、砂の表面についた微生物などが形成する粘質の膜(生物ろ過膜)によって水をきれいにする方法です。
 また、浄水場と浄水場の南側にある玉川上水は、桜の名所としても知られ、例年春になると大勢の見物客で賑わいます。

国木田独歩文学碑

【国木田独歩文学碑】
 小説家・国木田独歩ゆかりの地で、半年間毎日のように東京郊外に広がる武蔵野を散策し、鳥や木々のざわめきを聴きながら書いた日記「武蔵野」はご存知の方も多いと思います。 文学碑には、その「武蔵野」の一節が刻まれています。

文学の街・学生の街

【文学の街・学生の街】
 近隣には亜細亜大学・武蔵野大学・成蹊大学・日本獣医生命科学大学など数多くの大学があります。 亜細亜大学には一芸入試があり、卒業生に多数の芸能人・スポーツ選手がいる事で有名です。

杵築大社(きづきたいしゃ)

【杵築大社(きづきたいしゃ)】
 約350年前(江戸時代初期)に設けられた杵築大社は、だいこく様とえびす様の二福神が祀られていて、開運、縁結びの神社として多くの人々から広く崇敬を集めています。
 商売を営む方、是非お参りしてみて下さい!

このページのトップへ戻る