メガネドラッグのある風景

葛西駅前店

メガネドラッグの店舗スタッフが店周辺の風景をお伝えします

2009年3月 葛西駅前店

葛西

【地名の由来】
 昔、「葛飾」と呼んでいた地域の江戸川より「西」を、「葛西」 と呼んだことが始まりです。
当時の葛西は、今よりとても広い範囲でした。 
 明治22年に4つの村が合併して葛西村ができましたが、昭和7年に江戸川区ができ、「葛西」 という地名はなくなってしまいました。 しかし2年後、「葛西」 は復活して、昭和53年の住居表示の実施により、東葛西・西葛西・南葛西・北葛西・中葛西と、名前が再編されました。

    葛西臨海公園

【葛西臨海公園】
 都内でも随一の広さを誇る都立公園です。様々な施設があり、1日中楽しむことができます。 磯あそびができる海浜公園は、夏休みには家族連れで大賑わいです。 水族園では、色とりどりの魚たちが気持ち良さそうに泳いでいて、ペンギンたちが愛らしい姿で迎えてくれます。 「ダイヤと花の大観覧車」 は、地上117mの上空から関東の有名観光名所を一望できます。また、夜になると観覧車がダイヤや花の形にライトアップされ、見ているだけでも楽しめます。
 また、この公園ではUFOウォッチも盛んで、過去に何度も目撃されているようです。UFO好きにはたまらない公園です。

古川親水公園

【古川親水公園】
 「魅力的な水辺の風景を」というテーマのもとに生まれた、国内第1号の親水公園です。
 昔は、江戸に塩を運んでいた由緒ある水路でしたが、都市化が進むにつれ生活排水などが流れ込むドブ川になってしまいました。  
 その後、川は埋め立てられる予定でしたが、地元住民らから保存を求める声が上がり、昭和48年に旧江戸川から導かれた水が流され、水が流れる公園として見事に生まれ変わりました。
 岸辺には桜並木や季節の花が咲き誇り、散策コースとして全国から人々が訪れます。

  地下鉄博物館

【地下鉄博物館】
 1986年にオープンしました。
 7つの展示コーナーに分かれており、①「地下鉄の歴史」 ②「地下鉄を作る」 ③「地下鉄を守る」 ④「旅客サービス」 ⑤「日本と世界の地下鉄」 ⑥「地下鉄車両の仕組み」 ⑦「地下鉄プレイランド」 と、地下鉄の物知り博士になれる充実した博物館です。
 見て・ふれて・動かして学習できる参加型ミュージアムのため、地下鉄の歴史から新技術まで楽しく学べます。

このページのトップへ戻る