メガネドラッグのある風景

上大岡店

メガネドラッグの店舗スタッフが店周辺の風景をお伝えします

2009年2月 上大岡店

上大岡

上大岡駅

【上大岡駅】
   京浜急行電鉄(旧湘南電気鉄道)上大岡駅は1930年4月に開業しました。
開業当時は田畑が広がるのどかな土地でしたが、人口増加に伴い再開発が進み90年代には新駅ビル「ゆめおおおか」に京急百貨店とウイング上大岡がオープンしました。

 2003年には駅正面に商業施設「カミオ」が完成するなど駅周辺は急速に都市化が進みました。
 上大岡駅周辺は横浜市の副都心にも指定されています。また、市営地下鉄にも乗り継ぐ事が出来、各方面から集まる路線バスへの乗り継ぎなど、交通の便の良さから、駅周辺には商店街が集まり、平日週末問わず多くの人々で賑わっています。

【戦没者慰霊堂・かながわ平和祈念館】(写真左「神奈川県戦没者慰霊堂・石碑」写真右「かながわ平和祈念館」)
   上大岡駅から徒歩約5分、閑静な住宅街の一角に神奈川県戦没者慰霊堂があります。桜の名所でも知られています。また、近くにはかながわ平和祈念館があり、戦没者の遺品展示ホールやライブラリーを備え、戦争を風化させず後世に伝える役割を担っています。

神奈川県戦没者慰霊堂・石碑かながわ平和祈念館
大岡川

【大岡川】
  上大岡駅西側を流れる大岡川は横浜市の中心部を流れる全長15キロの川です。
 大岡川の水はかつて上大岡周辺の農業用水としても使われ、現在は少なくなったものの川岸には捺染工場が点在し染物を洗う風景も見られたそうです。

久良岐公園

【久良岐公園】
  港南区と磯子区の区界に位置する久良岐公園は1973年に面積約23万㎡を誇る総合公園として開園しました。公園の名称はかつてこの土地が久良岐郡と呼ばれていたことから、一般公募によって命名されました。
 園内は広大な自然に囲まれ野球やサッカーに利用できる運動広場、芝生広場、池、展望台などもあり、また日本舞踏や民謡などの活動、鑑賞の場としての能舞台もあります。散歩やジョギングを楽しむ人々も多く、週末には多くの家族連れで賑わいます。

このページのトップへ戻る