メガネドラッグのある風景

池袋本店池袋東店

メガネドラッグの店舗スタッフが店周辺の風景をお伝えします

2008年9月 池袋本店

池袋

池袋地名ゆかりの地の碑とふくろうのモニュメント

【池袋】
  池袋は新宿、渋谷と並ぶ山の手3大副都心のひとつです。
8路線からなる、巨大なターミナル駅は1日の平均乗降者数が約271万人(2007年度)にも及び、東京都の調査では23区在住者の来街者が最も多いと言われています。
駅を挟んで東西に発展している池袋ですが、今回は池袋本店のある西口を中心にご紹介します。
池袋という地名は「袋池」と呼ばれる袋型の大きな池が由来になったと言われていて、袋池跡地とされるホテルメトロポリタン前の小さな公園には「池袋地名ゆかりの地」の碑とふくろうのモニュメントが展示されています。
  ただ、確かなことはわかっておらず「池から亀が袋を背負って出てきた」なんて面白い説もあります。

池袋西公園

【池袋西口公園】
  池袋本店の隣にあります。昭和45年に豊島師範学校の跡地に作られました。東京芸術劇場が隣接していることもあり、園内のあちこちに鉄や石のオブジェが置かれていて芸術の香りのする特徴的な公園です。休日には野外ステージでライブや音楽系イベントも行われています。
 数年前にテレビドラマにもなった石田衣良さんの小説「池袋ウエストゲートパーク(IWGP)」 シリーズの舞台になっている事でも有名です。

自由学園明日館

【自由学園明日館】
  大正10年、羽仁吉一、もと子夫妻(映画監督羽仁進の祖父母)が創立した自由学園の校舎として、アメリカ人のフランク・ロイド・ライト(帝国ホテルライト館設計)の設計により建設されました。
 自由学園はすでに移転しており、現在は一般に開放されています。木造で漆喰塗の建物は中央塔を中心に厳密なシンメトリー(左右対称)に配され、平成9年には国の重要文化財にも指定されました。都会の中にありながら穏やかな空気の流れる素敵な場所です。
見学は10:00~21:00。大人400円(中学生以下無料)。 昼は喫茶付き(\600)。夜はお酒付きの夜間見学(\1000、第3金曜日のみ)も実施していますのでお散歩がてらにいかがでしょうか。
 講堂でのコンサートや、ウェディングプランも人気があるそうです。2人の大切な日にも是非。

このページのトップへ戻る