メガネドラッグのある風景


メガネドラッグの店舗スタッフが店周辺の風景をお伝えします

2008年4月 ミューザ川崎店

川崎

【JR川崎駅周辺】
  JR川崎駅周辺は、多くの商業施設が集積していている東口地区とここ数年ラゾーナ川崎やミューザ川崎といった新しい商業施設や都市型住宅の整備が進められている西口地区に分けられます。今回はミューザ川崎店がある川崎駅西口地区周辺をご案内いたします。

【ミューザ川崎】
  ミューザ川崎は「川崎西口地区第一種市街地再開発事業」として都市公団が施行した都市再生プロジェクトであり、地上27階の超高層オフィス棟と2000席を有する巨大円形ホールの施設です。この建物で働いている方はもちろんのこと、近隣住民や音楽ホールを利用する方、ショッピングやグルメで利用する方など多くの人が訪れます。
店はその建物の一階に2003年の12月オープン致しました。

【ラゾーナ川崎】
  ラゾーナ川崎はJR川崎駅に直結している商業施設です。かつては東芝川崎工業であった場所に、2006年9月28日巨大ショッピングモールとして開業しました。(そのためラゾーナ川崎のエレベーター、エスカレーターは東芝製のものを使用しています)敷地面積は約11万平方メートル、約300のショップが入っています。大屋根の設計はスペインの建築家リカルド・ボフィル。広い敷地と自然採光を活かし、中央広場から空が見えるなど明るく開放感がある構造になっています。

【ラゾーナ(LAZONA)の名前の由来】
  スペイン語の“Lazo(絆)とZona(地域)の合成語です。ちなみに建設前の仮称は「ららぽーと川崎」でした。

【映画好きにはたまらない街】
  JR川崎駅周辺には多くの映画館があります。東口地区には「チネチッタ」があります。スクリーンの数は13あり、場内は高級感ある落ち着いた作りになっています。さらに東口にはもう一つ、「TOHOシネマズ川崎」が「川崎ダイス」の7階にあります。西口地区にはラゾーナ川崎内にある「109シネマズ川崎」があります。スクリーンの数は10あり、ラゾーナ川崎でお買い物のついでに映画をご覧になる方も沢山おられます。皆様もメガネドラッグミューザ川崎店にお越し頂いたあと、映画をご覧になっては如何ですか。ぜひ川崎に遊びに来てください。

【女躰神社(にょたいじんじゃ)】
    江戸時代の頃より南河原の「大女様」(おおひめさま)として親しまれ、多摩川の鎮めの神様として崇敬されてきました。この地は多摩川と鶴見川に挟まれており、たびたび大洪水に見舞われていました。ある年これまでにも無いような大洪水にあい、そのことに胸を痛めた一人の女性が水中に身を投じ水神の怒りを静めたといわれています。悲嘆にくれる村人を救ったということで、「女性の悩みを解決し、願いを叶えてくれる神様、安産の神様として信仰をうけています。

このページのトップへ戻る