メガネドラッグのある風景


メガネドラッグの店舗スタッフが店周辺の風景をお伝えします

2008年1月 大宮駅前店

大宮

【大宮駅】
  大宮駅は1885年(明治18年)3月16日日本鉄道の駅として開業。1894年(明治27年)には、隣接して大宮工場(現、大宮総合車両センター・大宮車両所)が設けられるなどして、埼玉県の交通要所、さらには日本の重要幹線の分岐駅ということで、駅を中心にして大宮は「鉄道の町」として栄えました。

【鉄道博物館】
  「鉄道博物館」が2007年10月14日に、
さいたま市大宮区大成町にオープンしました。
 「鉄道博物館」は、2006年5月に閉館した東京・神田の「交通博物館」に代わり、さいたま市に建設されたもので本市は東北・上越など新幹線5路線を始め、JR各線や私鉄線が結節する大宮駅や旧国鉄大宮工場から続くJR東日本大宮総合車両センターを有しています。
さらに、さいたま新都心地区はかつての国鉄操車場跡地であったことなど、何かと鉄道と縁深い土地柄です。
館内は車両等の実物展示を柱に、日本における鉄道の役割と影響について物語っていく歴史ゾーンと、鉄道の原理・仕組みと最新の鉄道技術について体験しながら学んでいく教育ゾーンを中心に構成されます。
アクセス:JR大宮駅より埼玉新都市交通ニューシャトル「鉄道博物館駅(大成駅)」下車徒歩1分です。

【DOMショッピングセンターのモニュメント】
  モニュメント下部の車輪は、1982年(昭和57年)6月23日に東北新幹線が大宮駅から開業した時の、午前7時15分発の盛岡行き(やまびこ11号)1番列車の車輪です。
 ※JR大宮駅西口から徒歩1分です。

このページのトップへ戻る