メガネドラッグのある風景


メガネドラッグの店舗スタッフが店周辺の風景をお伝えします

2005年10月 新橋中央店

新橋

【SL広場】
明治5年、新橋-横浜間で日本最初の鉄道が開通しました。新橋駅はその起点となった駅です。
駅西口前広場にはSLが置いてありますが、鉄道創設時のSLというわけではないようです。
テレビでよく酔っ払いのおじさんがインタビューされているのも、この広場です。
駅周辺は古くから“南地”と呼ばれる一流花柳界でしたが、戦後はサラリーマンを対象とした商業地区に変わりました。


日比谷公園】
SL広場から駅を背に直進。3本目に交差する道路が日比谷通り。この通り沿いに当店があります。日比谷通りを北へ向かうと左手に緑豊かな日比谷公園があります。
日本初の「ドイツ式洋風近代公園」で、明治36年に開園しました。広さ16万平方メートル以上。約3200本、138種の樹木が植えられていて、四季折々の花が咲いています。日比谷公会堂、野外音楽堂もこの中にあり、様々な催し物が行われています。



【霞ヶ関】
日比谷公園を抜けると霞ヶ関の官庁街です。日本の国政の中心部、いたるところに警察官が立っていたり、警備の車が停まっていて、ものものしい雰囲気は、この街ならではの光景です。
ビジネス街、オヤジの街といったイメージの強い新橋ですが、都心部のわりに緑も多く、少し足を延ばせば銀座も近いし、奥の深い街です。休日にぶらっと散歩でもいかがでしょう。

このページのトップへ戻る