メガネレンズ

ニコンリラクシーDUO

ピント調節筋への負担を抑えるメガネレンズ「リラクシーDUO」

メガネでパソコン、目が疲れるのはなぜ?

ピント調節筋の疲れが原因のひとつです

疲れ眼の多くは目の筋肉が疲労することによって起こります。
長時間、近くを見るとピント調節筋(毛様体筋)が緊張した状態が続くため、目の疲れを感じます。

近視の人が「遠くが良く見えるメガネ」をかけたまま近くを見ると、ピント調節筋をより多く使うことになります。
遠くが良く見えるメガネレンズ

ピント調節筋 負担大

「遠くが良く見えるメガネ」をかけたまま近くを見ると、ピント調節筋をより多く使うため、目が疲れやすい

度が弱いメガネレンズ

ピント調節筋 負担小

以前掛けていた「度が弱いメガネ」はピント調節筋への負担を抑えられるため、ラクに見える

※近視の場合のイメージです。

パソコンでも、リラックス

目への負担が少なく、すっきりと良く見えて自然になれるかけやすさが特徴です。
疲れ目を感じている方やパソコンを長時間使用する方におすすめです。

画像

たった1枚のレンズで鮮明な視界を実現するために…

イメージ

お客様の声

お求め頂いたお客様をご紹介いたします。

このページのトップへ戻る