スタッフコラム「メガネと私」

 まるで別世界


2015.6.29

友人から「何でメガネ屋さんに入社したの?目が悪かったっけ?」と言われることがしばしばありました。 それもそのはず、私がメガネを掛け始めたのは入社してからのことなのです。
高校生までは視力検査で問題がなかったのですが、大学二年生の頃から、だんだん黒板の文字が見えづらいと感じるようになってきました。 でも似合うメガネもないし、不便さもそこまで感じていなかったので、メガネとは無縁の生活を送っていました。

翌年、就職活動中にメガネドラッグに出会いました。 お店では販売以外にたくさんのサービスをしているんだ!とメガネに興味がわいてきました。 そして気がつけばメガネドラッグの一員になっていました。
入社して初めてメガネを掛けたときの驚きは今でも鮮明に覚えています。 今まで見ていた世界は、ぶれてハッキリしていなかったのだと実感しました。 まるで別世界のように明るく、ハッキリ見えたのです。

フレームも種類がたくさんあり、自分の肌色に合うカラー、顔の形に合うフレームが必ずあります。 似合うメガネなんかない・・・とお悩みの方はぜひご相談ください。 きっとお気に入りのフレームが見つかるはずです。
それからメガネは買って終わりではありません。メンテナンスが必要です。 皆様の快適な視生活のためにしっかりとサポートさせていただきますので、お気軽にお立ち寄りください。

今回の「私」

海瀬 有里

趣味 : 着物
好きなテレビ番組 : マツコの知らない世界
好きなメガネ : ビビッドムーン

このページのトップへ戻る