スタッフコラム「メガネと私」

 アラレちゃんメガネ


2015.4.30

小学生の頃から近視の私は、かれこれ30年ほどメガネを使用しています。
最初に掛けたメガネは大きめのセルフレームで、当時「アラレちゃんメガネ」と呼ばれていたものでした。 以降、その時々の流行のメガネを掛け、最近はレンズの形が横長のスクエアタイプを好んで使用しておりました。 そして久しぶりにメガネを新調することにしました。 それは子供と一緒にサッカーなどのスポーツをする機会が増えたことがキッカケです。

メガネを変えようと思い選んだフレームは、「アラレちゃんメガネ(ボストンタイプ)」です。 セルフレームはカジュアルな印象ですが、砕け過ぎないデザインのため公私で使えます。 レンズに縦幅があり、それまで足元を見ると邪魔になっていたメガネの縁が視界に入らず、鼻あても動かせるタイプにしたので、少々の運動ならばズレることもありません。
足元が見やすくなったお陰で、息子より大幅に遅れをとっていたサッカーのリフティングが、以前より上手にできるようになりました。 やはり用途に合ったメガネを選ぶことは大切ですね。

皆様もフレーム選びの際には、色やデザインだけでなく、用途や必要とされている機能など、たくさんリクエストしてください。 ご満足いただけるフレームを、全力でお探しいたします!

今回の「私」

後藤 正広

趣味 : 音楽鑑賞、打楽器演奏
好きなサッカーチーム : 浦和レッズ
好きなメガネハンドメイドアイテム

このページのトップへ戻る