スタッフコラム「メガネと私」

 音速の世界で瞬時に反応!


2015.2.27

私がメガネを掛け始めたのは小学五年生の時でした。 当時はメガネを掛けることに抵抗があり、日常生活に大きな支障がなかったこともあって、授業中のみメガネを掛けていました。

しかし中学で卓球部に入ると、試合中に相手が打つ球の回転にうまく反応できないことに気がつきました。 卓球はさまざまな回転を球にかけ、それにどう対応するかが勝敗の鍵になります。 卓球台の狭いコートで瞬間的にそれを見極めなければなりません。
そのため部活中もメガネを掛けるようになりました。 すると、球もコートも、そして相手の視線やラケットの向きまでもが鮮明に見え、まさに別世界。 その後、ダブルスで地区大会3位に入賞も果たしました。 この経験もあり、私はメガネが大好きになりました。

メガネは使用していると幅が緩くなり下にズレ落ちることもあります。 激しい運動をしているとなおさらです。 そのような時は、お気軽にメガネドラッグをご利用ください。ご調整させていただきます。 また「スポーツバンド」や「メガロック」などのズレ防止のサポート用品もご用意しております。
「スポーツ用の軽くて丈夫なフレーム」、「ジュニア用のかわいいフレーム」なども揃っておりますので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

今回の「私」

淺葉 万理

趣味 : 映画鑑賞・卓球
好きな映画 : 「容疑者Ⅹの献身」「時をかける少女」
好きなメガネ : COACH (コーチ)
「シンプルながら女性らしい形とカラーがオススメです」

このページのトップへ戻る