スタッフコラム「メガネと私」

 憧れからのメガネデビュー


2012.1.17

実は私のメガネデビューは遅く、メガネドラッグで働き出してからなんです。
昔からの友人には『なんでメガネ屋さんで働いてるの?メガネかけていなかったじゃない』と毎回言われます。
中学生の頃から視力が落ちはじめたのですが、良く見えないのは右眼だけ。父も母もずっと目が良いので、メガネの知識を家族の誰も持っていませんでした。左眼で見る生活にすっかり慣れてしまい、不自由さを感じなかったのでメガネをかけることなく生きていました。
ところが世間では『アイウェア』とカテゴリーが作られる程、メガネもオシャレの1つとなり、それと共に私の中で次第にメガネへの憧れが生まれ、それは強まっていくばかり。
気づけば毎日メガネをかけられる仕事を選んでいました。何一つメガネ知識のない状態から、今では家族にも友人にもメガネうんちくを延々話してしまいます。

単にレンズとフレームを合わせるだけではありません。度数やお顔のタイプによって人それぞれ。合うレンズ、フレームの向き不向きもあります。
実はメガネってかなり奥が深いです!!皆様もこれからメガネを選ぶ時には、ぜひ私たち店員に色々お尋ね下さい。
フレーム、レンズ、他にもケア用品などオススメがいっぱいです!

今回の「私」

藤田 紫

趣味:お風呂の入浴剤選び。癒されます。
おもちゃが出てくるのもわくわくするので好きです。
好きなお菓子:パイの実。チョコレート全般好きですが…
お勧めデザイン:フロントが1枚で出来ているメタル枠。
私にはどのブランドもカッコ良く見えます!

このページのトップへ戻る