スタッフコラム「メガネと私」

 抜群のフィット感


2011.7.11

 高校生の時、私はダンス部に所属していました。ダンスと言っても、社交ダンスではなく、
ヒップホップなどの方です。(なかなか信じてもらえませんが…笑)
 曲中に次々とポジションが変わるダンス。その立ち位置は、隣の人との間隔や、客席の位置などを目安に覚えます。視力0.05以下、コンタクトが眼に合わない私には、メガネが必須でした。そんな私が、仲間や観客の方からよく驚かれたことがあります。
それは・・・
「あんなに激しい動きをしていて、なぜメガネが吹っ飛んでいかないのか!?」(笑)
頭で回る事こそなかったものの、ジャンプしたり、首を激しく振ったり・・・スポーツ用の固定具は使っていなかったので、言われてみれば確かに不思議。
調整無料です でもそこは、当時すでにメガネ歴10年の実力!知らず知らずのうちに、コツをつかんでいたのかも知れません・・・。
そして何より、私のメガネを調整して下さった方が上手だった!
これに尽きると思います!!

 かかり具合の解決で、日常や趣味の快適さがぐっと向上しますよ!
気になる時には、我慢せずお近くのメガネドラッグへ!

今回の「私」

五十嵐 葵

趣味:美術館めぐり。色の勉強をしているので、参考になります。
特技:ダンス・和太鼓。
好きな国:フランス!大学の授業で1ヶ月ほど滞在したことも。
お勧めのメガネデザイン:「ビビットムーン」細部のこだわりが女心をくすぐります。どんな年代の方でも素敵になれるデザインです!

このページのトップへ戻る