スタッフコラム「メガネと私」

 まさにこれ!


2010.8.18

今では毎日掛けているメガネですが、目が悪くなり始めた頃、私はメガネを掛けることに苦手意識を持っていました。

私のメガネデビューは遅咲き(?)の高校2年。17年間素顔できた私にとって、メガネは驚異的な存在でした。学校の視力検査ではメガネを掛けたくないあまり、目を細めながら時には勘で答えながら何とかやり過ごしていたのを覚えています。

しかし、徐々に視力も低下し必死に目を細めても黒板の文字が見えなくなり、地元のメガネ屋へ。やはりメガネへの抵抗があってか、どれを掛けても似合わないように思えてしまい半ばやけくそで選んでしまった痛い記憶があります。

その悔しさがあってか、大学生時代は自分の顔に似合うメガネ探しの旅をしていました。そして気付けばメガネ屋に就職していました。 そこで私のメガネ人生に大きな転機が・・・!

まさにこれ!

入社してすぐに先輩に選んで貰ったメガネ、(左写真)
掛けた瞬間“これしかない!”と思わせるそんなメガネと出会うことができたのです。さすがプロ!と思うと同時に、自分もそういったメガネとの出会いをお客様に提供し感動を与えられるプロになりたいと感じました。

お客様にとっての“まさにこれ!”というメガネとの出会いを是非お手伝いさせて頂きたいと思います!御徒町店でお待ちしております!

今回の「私」

小田倉 雅志

趣味:読書
特技:ポジティブ思考
好きな場所:最近購入したとても巨大なビーズクッション
お勧めのメガネデザイン:キャサリンハムネットのナイロール(知的な印象で男が上がります!)

このページのトップへ戻る