スタッフコラム「メガネと私」

 メガネは案外いいもの!


2010.6.18

私とメガネの付き合いはかれこれ17年になります。小学校5年生の時に遠くが見づらくなり、メガネを作ってもらいました。しかし遠くが良く見えるようになり見やすいと感動はしたものの、自分のメガネ姿が似合っていない気がしてほとんど掛けていませんでした。

中学生になったらますます遠くが見づらくなり、仕方なく授業中はメガネを掛けていました。当時掛けていたメガネは縦幅が広い黒色のメガネでした。子供だった私はメガネにはこういうデザインしかなく、そして自分には似合わないと思い込んでいました。
そんな思いから高校、大学時代はコンタクトレンズにかえました。しかし大学半ば頃、長時間の使用により目が充血する事件がおきました。その頃は度の弱くなったメガネしかなかったので、友人の利用しているメガネ屋を紹介してもらい、一緒に行きました。

そのメガネ屋に入った瞬間私は驚きました!色々なデザインがあって、カッコイイメガネがいっぱいあったのです!実際に掛けてみても今までのコンプレックスはほとんどなく、友人の見立てもあり、納得のいくメガネが購入できました。

その時から、考えが一転、私はメガネが好きになりました。メガネもコンタクトレンズも良いところは ありますが、コンタクトレンズよりも使い勝手が楽で、私にとってはメガネが向いていると思いました。もはや体の一部となっています。

画像 メガネイメージ

最近のメガネはファッション要素もあるので、デザインの違うメガネを掛けかえることも楽しみです。またいくつかメガネを持っていれば万一壊したり、紛失した時の予備にもなります。昔の私みたいにメガネコンプレックスをお持ちの方も多くいらっしゃると思いますが案外いいものですよ!

今回の「私」

鈴木 雄介

趣味:サイクリング、映画鑑賞
特技:バスケットボール
好きな食べ物:パスタ、カレー、ラーメン
お勧めのブランド:キャサリンハムネット・バーバリーブラックレーベル

このページのトップへ戻る