スタッフコラム「メガネと私」

 メガネと共に


2009.12.4

私のメガネデビューは小学校二年生の時でした。周りの同級生でもメガネを掛けている人はほとんどいなかったため、メガネを掛けるのに少し戸惑いがありました。今ではすっかりメガネ好きになり、ご覧の通りメガネ店で働いています。人生とはわからないものです。

  はじめはメガネに苦手意識がありました。その理由は「素顔の自分でいられない」と思っていたからです。高校生の頃は、コンタクトレンズに憧れて挑戦したこともありました。しかし、アレルギー持ちだった私には相性が悪かったようで、「やはり私は、メガネと一緒に生きていくんだな」と思い始めたのです。同時に、「メガネを楽しめばいいんだ!」と思うようになりました。

いつの間にかメガネを掛けていないと私が「私」でないような気さえするように…そんな訳で学生時代は「私=メガネ」というイメージで通ってきました。メガネドラッグに就職が決まった時も、「長崎さんらしいね~」と周りの皆に納得されました(笑)。 今ではメガネはファッションの一部となっています。
 私のように「メガネがないと生活出来ない!」という方はもちろん、「伊達メガネ掛けてみたいなぁ」という方も、ぜひ一度どんなメガネがあるか、お店に足を運んでみて下さい。私のように、メガネと人生を共にしてみませんか?

今回の「私」

長﨑 祐香

趣味:大相撲、野球観戦、コンサート
特技:書道(書道教室を開いている祖父母の影響で物心ついた頃から筆で遊んでいました)
好きな力士:豊真将、隠岐の海

このページのトップへ戻る