スタッフコラム「メガネと私」

 メガネとの出会い


2009.6.23

現在、裸眼視力は0.1以下。メガネなしでは生活できない私ですが、小学校、中学校、高校と私はメガネとは無縁の生活を送っていました。

一度だけ、小学校の文化祭の時に催し物で伊達メガネを掛ける機会がありました。当時気になっていた女の子が、メガネ姿の私を見て、『吉田君、カッコイイ!』と言ってくれて、ちょっとメガネに興味を持ったこともありましたが、その後は大学受験まで疎遠となっていました。

大学受験のとき○○塾に通っていたのですが、大教室だと黒板の字が全く読めない事に気づき“これはまずい”と、地元のメガネドラッグ柏店へ行くことにしました。

そこで、生涯初めてのメガネを作りました。メガネを受け取り、掛けた瞬間、周りがとても良く見え、感動したことを今でも覚えています。

それから更に1つメガネを作成し、約8年後にメガネドラッグに入社。現在までに、約10本ほどのメガネを作成。とっかえひっかえ使用しております。今では生活に欠かせないモノになっています。特にお気に入りは、エアリスト(↓写真左)です。趣味で、ライブを観に行くのですが、スタンディングの際にメガネが飛ばされる危険性があります。しかし、エアリストはしっかり顔にフィットするので、飛ばされる心配がありません。スポーツをされる方は特にお勧めしたいフレームです。

※現在エアリストのお取扱いはございません。

今回の「私」

吉田 貴行

趣味:スポーツ観戦、ビデオ(DVD)鑑賞、ライブ参戦
特技:どこででも寝られること
好きな場所:好きな所は北海道。仙台。名古屋。食べ物が美味い。

このページのトップへ戻る