スタッフコラム「メガネと私」

 印象を少し変えるつもりが…


2007.2.5

最近は寒い日が続いていますが、もうすぐ暖かくなり出会いと別れの時期がやってきます。そしてこの時期に思い出すことが必ずあるんです。それは高校の卒業アルバムです。

私は中学生の時には金色のメタルフレームを掛けていたのですが、地味で控えめなキャラクターだったので高校は少しだけその印象を変えようと思い、赤いセルフレームに変えました。すると、本人の意図とは裏腹に予想以上に目立ってしまいました。そして気がつくと、私は『赤メガネ』と言われるほど、眼鏡キャラがクラスに浸透していました。  

話は卒業アルバムに戻りますが、私の高校の個人写真のページは比較的自由で、ポーズをつけたり、趣味がわかる小道具などを持って写る人もいたのですが、なぜか私のクラスの男子は、私の赤いメガネを掛けて写る人が半分ぐらいいて、知らない人がそのページを見たら確実に怪しいクラスだと思われるだろうと感じました。そして自分の赤いメガネの人気に嫉妬しました。
 絶対皆、私自身よりも赤いメガネのことを気に入っていたのだと思います。そして、大学ではブラウンのセルフレームに変えましたが、メガネキャラはそのままで、気が付いたらメガネ屋に就職ということになり、一生このキャラを貫くことになりました。

今回の「私」

小原 幸司

趣味:温泉・銭湯めぐり。大きいお風呂が好きなんです。
特技:ダーツ。好きな度合いと腕前は比例していませんが。
好きな場所:「本屋」ついつい用も無いのに長居してしまいます。

このページのトップへ戻る