スタッフコラム「メガネと私」

 「見える」と「楽に見える」は違うんです!


2017.4.20

初めてそのメガネを掛けて一日過ごした時、なんて使いやすいのだろう!と驚愕しました。
その名も“調光レンズ”です。 屋内ではクリアレンズと同程度の透明度を保ち、屋外では紫外線など環境に合わせてカラー濃度が変わるという、とても便利なレンズです。
メガネ屋に勤めて8年。色が薄め・濃いめ・グラデーションなど様々なサングラスを持っていますが、「今日はもっと薄い(濃い)方がよかった・・・」と思っても、何個も持ち歩くことはできません。
今回、調光レンズにしてみて、天候によって濃度が変わる良さを実感しました。 これほどまでかと、今まで選択してこなかったことが悔やまれます。 正に「百聞は一見に如かず」です。

私は音楽フェスに参加することが多く、一日中外で過ごすこともあります。 そんな時に調光レンズなら、昼間はしっかり色が濃くなり眩しさカット、夕方はほんのり色がつき、夜にはクリアに自然と色が移り変わってくれるため、今までメガネとサングラスを掛け替えていたのが1本で済むようになり、非常に便利です。

有害な紫外線をほぼ100%カット。 また日常の眩しさを無理なく自然に軽減する事で、目のストレスを減らすことが出来ます。 「見える」と「楽に見える」は違うのだなと改めて感じました。

カラーバリエーションも、定番のグレー、ブラウン、グリーンに加え、ライトカラーシリーズにライトグレー、ライトロゼ、ライトブルー、ライトバイオレットと豊富に揃っていますので、男女問わずお使いいただけます。

一日を通して掛けられるサングラスとして「調光レンズ」を是非お試しください!

調光レンズ 「Transitions(トランジションズ)」のご案内はこちら
調光レンズ 「美調光レンズ SOLAIRE(ソレール)」のご案内はこちら

今回の「私」

大久保 良枝

趣味 : 音楽鑑賞(ライブや音楽フェスに行きます)
特技 : 書道、スノーボード
好きなメガネ : ヴィヴィアン・ウエストウッド、ジル スチュアート

「メガネと私」バックナンバー

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年2008年

2007年

2006年

2005年

このページのトップへ戻る